今、キャッシングサービスや、それに似たカードローンサービスが急速に普及しています。

かつては消費者金融の独壇場だったキャッシングですが、銀行が「カードローン」としてサービスをリリースしたことにより、多くの金融機関で利用できるようになりました。

消費者金融でもキャッシングとは呼ばずにカードローンと呼ぶようになるなど、サービスとしての違いは無いようにも見えますが、消費者金融は少額融資向けであり、銀行は高額融資をメインにサービス展開しているなど、若干の違いがあります。

いずれのサービスも、利用方法としてはほとんど違いはなく、サービス提供会社によって発行されたカードをATMで使ってお金を引き出すことで融資を受けるものです。

一概にキャッシングやカードローンと言っても、金利や融資額だけでなく審査の通過しやすさにも差があるため、利用者は極力低い金利で利用することを目指しつつ、自分に合ったサービスを吟味する必要があります。

数あるサービスの中でも、おすすめのキャッシング・カードローンはこちらです。

セブン銀行ATMならスマホだけで入出金が可能!

200*200
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
WEB完結申込みなら電話連絡なし、郵送物なし!
  • 金利 3.0~18.0%!最大限度額 800万円!
  • WEB完結申込なら電話連絡、郵送物なし!(*1)
  • 最短で即日融資が可能(*2)
  • カードがなくてもスマホでATMが使える(*2)
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
*1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
*2 即日融資には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。
*3 セブン銀行ATM(セブンイレブン、イトーヨーカドー等)でスマホでATMが使えます。
♪はじめてのアコム♪最短即日融資!30日間金利ゼロ!
  • 最短即日融資で急いでる人にも便利!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスではじめてでも安心!
  • クレジットカード一体型はアコムだけ!
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0%
  • 限度額は最高 800万円
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。

その他のお薦めカードローン一覧はこちら

無担保で現金を個人向けに貸し付けするサービスを、「キャッシング」と呼んでいます。
キャッシングサービスは現在でも行われていますが、2000年頃から銀行系の金融機関が始めた「カードローン」というサービスは、従来のキャッシングサービスが対象としていた「少額の融資を極力スピーディーに行う」というサービス形態から、「高額の融資を確実な返済能力のある人のみに貸し付ける」というサービスへ変貌を遂げていました。

銀行系カードローンは、市中金利の低下に連動するかのようにどんどん低金利で高額融資するサービスとなっていき、サービス開始当初は100万円ほどだった融資限度額は、1000万円にも及ぶサービスが見られるほどになりました。

一方の消費者金融系サービスも、カードローンタイプのものも登場するようになりました。さらに、金利規制によってグレーゾーン金利が違法化されたことによって、金利も比較的低く抑えられるようになりました。

個人へのキャッシング額を制限する「総量規制」施行によって、業績に大きなダメージを受けた消費者金融ですが、競合他社の撤退や銀行グループへの参加によって生き残った会社も数多くあります。ライバル企業が減少したことや、コンビニへのATM設置増加などによる利便性向上などによって、息を吹き返しつつあります。

銀行もカードローンサービスを展開することで、住宅ローン以外での個人融資という新たなビジネスモデルを確立したことになります。

かつてキャッシングが持っていた悪いイメージも、カードローンという新たな名前を得たことによって払拭されつつあり、個人融資サービスは新たな時代に入ったと言えるかも知れません。

参入企業が増え、金利も融資額も大きな差が出てきました。利用する上で、なるべく低い金利で利用できるような業者を選ぶ必要が出てきたと言えます。

その他のお薦めカードローン一覧はこちら

このページの先頭へ