カードローンにかかる「金利」って一体なに?

日本金融につきものの「金利」

日本経済の根幹を成す金融。その世界において金利はつきものです。実は人類文明圏共通ではなく、イスラム圏における「イスラム金融」においては金利を課すことはできないのです。

日本ではお金を貸すときも借りるときも、金利がかかります。個人だけではなく、企業間でも同様です。貸す側が「金利は不要です」と言わない限り、金利が課せられます。

「利息」や「利子」という言葉は、金利と同じ意味です。過去の慣習から公的機関では「金利」を、金融機関では「利息」を使い続けているだけです。

金利の意味

借りたお金に金利を課す意味とは、そのお金の拘束料を徴収するという意味です。

お金を貸す側は、完済までの間はそのお金を自由に使えません。貸してしまって手元にないからです。それまでの間に別の収益機会が訪れても、指を咥えて見ているしかないわけです。

代わりに金利を受け取ることで、貸すインセンティブとなります。借りる側にとっても、本来は現金を用立ててから受けられるはずのサービスを、お金を借りることによってそれ以前に可能となる「時間短縮」効果が得られます。

お金を貸す側借りる側の双方が、合理的に金融を行うために、金利という制度が導入されたと言えます。

関連記事

    カードローンとキャッシングの便利な使い方

    カードローンとキャッシングは、契約さえ済ませておけば、利用限度額の枠内でいつでも好きなだけ現金を借りることが出来ます。ですが、金利もかかるので利用は計画的に行う必要があります。カードローンとキャッシングの便利な使い方は? 記事を読む

    カードローンとキャッシングには違いがあるの?

    いつでも現金を引き出せる便利なカードローンサービスやキャッシングサービス。普段からよく耳にするこれらのサービスには、何か違いがあるのでしょうか?もし、あるならどんな違いなのでしょうか?調べてみました。 記事を読む

    カードローンやキャッシングサービスの振れ幅

    カードローンなどのキャッシングサービスは、提供会社の業種などによって振れ幅があります。利便性としてはほぼ差が無くなっているので、振れ幅があるのは、金利、融資総額、審査体制になります。どの程度差があるのか見てみましょう。 記事を読む

    会社の違いによりカードローン審査の差は?

    カードローンやキャッシングは会社によって契約時の審査に差があります。審査が終了するまでのスピードや審査の通過しやすさは会社によって大きな違いがあります。なぜこうした差が出てくるのか、考察してみます。 記事を読む

    「無担保カードローン」の無担保とはどういう意味?

    一般的に利用されているカードローンやキャッシングは、そのほとんどが「無担保」です。無担保であるとはどういうことなのか。有担保になることで、カードローンやキャッシングはどのように変化するのか、考察します。 記事を読む

    誰にも知られずに利用できるのがカードローン

    カードローンやキャッシングはクレジットカードと異なり、「借金」というイメージが強いサービスです。そのためか、利用を他人に知られることを嫌う利用者が多いようです。ですが、現代のカードローンは誰にも知られずに利用出来ます。 記事を読む

    カードローン審査で落とされる人は何に気をつけるべき?

    カードローンやキャッシングなどを始めて申し込む際には審査が行われます。人によっては審査で落とされ、利用することが叶わないことも少なくありません。もし審査に落とされた場合、何に気をつけて次回の申し込みを行えばよいのでしょう。 記事を読む

    カードローンの返済方法にはいくつかの方法があります

    カードローン、キャッシング、クレジットカードの返済方法にはいくつか方法があります。利用者自身が選べるものもあれば、サービスごとに決められた方法で変更が効かないものもあります。返済方法の種類や違いを解説します。 記事を読む

    気をつけたい「リボルビング方式」による返済

    近年登場した返済方法の一つに「リボルビング方式」があります。毎月の請求額が一定なので、使い過ぎた翌月に多額の請求が来て慌てるといったことが起こりません。ですが、デメリットもあるのです。リボルビング方式の負の側面について解説します。 記事を読む

    キャッシングで生計をたてている親

    私は父親と勘当しました。もうこれ以上父親とは付き合っていられません。母が亡くなってから、まるで別人みたいになったのです。あんなに仕事人間でバリバリ働いていたのに、母が亡くなってからまるで死人みたいになったのです。 仕事も休みがちです。お金がないとすぐに、キャッシングしています。その返済ができ... 記事を読む

    使い方次第で、とても助かります。

    私は24歳の時、子供を2人連れ、離婚しました。離婚の原因が旦那の借金でしたので、貯金もなく養育費も貰えず困っていました。保険の営業の仕事に就きましたが、すぐに収入が安定するわけでもなく、カードローンに申し込みました。 仕事をしていたので、お金を借りることができました。最初のうちは、お給料も少... 記事を読む

    短期間で複数の会社に申し込みしない方がいい理由

    カードローンの申し込み時に複数の会社に申し込みしている時は受かりにくいとされています。その理由はどこにあるのでしょうか。 ・短期間で複数会社に申し込みしている時  例えば、2社の会社にカードローン審査をお願いしていて、さらにその後3社目にも審査を申し込みしたとします。この時に3社目の会社はど... 記事を読む

    カードローンを使うときの注意が必要

    カードローンを使う機会もある人は注意が必要です、特に意識しなくて使っている人も多いでしょう。 一般的には支払い方法を選べるのですがリボ払いになっているカードもあり注意が必要です、あまり意識しなくてカードを使っていると知らず知らずのうちにリボ払いが膨らんでしまうおそれがあるからです。 また期... 記事を読む

このページの先頭へ