カードローン審査で落とされる人は何に気をつけるべき?

審査があるからには落とされることもあります


カードローン、キャッシング、クレジットカードに始めて申し込むときには、金融機関によって審査が行われています。審査では定住居があるか、勤め人かどうか、収入がいくらあるのかなどが調査されます。

そして、審査というからには落とされることもあります。審査に通らなかった理由を教えてくれることは決して無いので、何が悪かったのか予想して次の申し込み対策をする必要があります。

審査項目を一つづつ検証する


審査対策としては、審査内容を一つづつ検証する必要があります。極端な話、申込書に記入した一つ一つについて間違いや問題が無いか、調べていくことが究極の対策となります。

申込書には住所、氏名、電話番号、勤務先名称、勤続年数、年収などを記入します。

もし本当に住所や電話番号が無いのなら、審査NGでも仕方ありません。定職に付いておらず、勤務先名称が書けない場合も、難しいでしょう。勤続年数が極端に短い場合も危ないです。年収は、ゼロでさえなければ問題ないものです。

意外かも知れませんが、誤字脱字の訂正には寛容ではありません。契約書類として問題があることと、内容の信憑性に不安を抱かせるからです。

もし書き損じてしまったら、1から全て書き直すぐらいの心構えでいるべきです。

重複申し込みはNG


見落としがちなポイントに、2つ以上のカードローンに同時に申し込むというものがあります。お金に困っていると判断され、審査NGになりやすいので注意が必要です。


このページの先頭へ